LOGO.JPG - 11,846BYTES LOGO2.JPG - 10,125BYTES

AKAI (アカイ)/A&D (エー・アンド・デー)

【注意事項】

 1946年設立の赤井電機のオーディオブランド。1954年に日本で初めてテープレコーダーの開発に成功。テープ・デッキで定評があり、盛時には各種のオーディオ製品を販売していた。しかし80年代以降次第に衰退し、1987年、資本関係があった三菱電機と提携し、「A&D」ブランドを設立したが、1991年に撤退した。1999年末、黒字経営であった電子楽器部門が独立、2000年11月2日、民事再生法を申請し、実質破綻した。現在では海外資本のブランドとして、名前だけ存続している。
 ヘッドフォンについては、オーディオメーカーとして勢いのあった時期に、主として他社からOEM調達したと思われる機種を販売していた。1980年半ばに大幅に製品ラインを整理したが、1987年の「A&D」ブランド立ち上げの際に復活。しかし同ブランドの撤退で消えた。

 AKAI (アカイ)の製品を以下のように分類する。(この分類は個人的な意見で、メーカーの分類ではありません)

T.AKAI (アカイ)時代の製品
@1970年代の製品

  ASG-9S  ASE-20 

  (コンデンサー型) AEH-10

S-ASE-20.JPG - 18,051BYTES S-AEH-10.JPG - 17,627BYTES (左 ASE-20 右 AEH-10)

  
  ASE-11  ASE-22  ASE-30

S-ASE-11.JPG - 15,287BYTES S-ASE-30.JPG - 16,966BYTES (左 ASE-11 右 ASH-30)


  ASE-15-J  ASE-22-J  ASE-26-J 

*ASE-15-Jについて豊永尚輝 氏所有機の画像を使用しました。ありがとうございます。

  (動電全面駆動型) ASE-40-J

S-ASE-15-J-2.JPG - 16,024BYTES S-ASE-40-J-3.JPG - 14,010BYTES (左 ASE-15J 右 ASH-40J)

*海外サイトではASE-50という動電全面駆動型の画像がある。フォステクスのRP型らしき振動板の画像があった。

*ネットオークションで見かけた他のアカイのヘッドフォンにはASE-9とASE-9Sがある。ASE-9SはASG-9Sに酷似した機種で、引用した資料 Stereo Sound YEAR BOOK1970の方が誤記の可能性がある。ただし海外のオークション画像で示されたスペックに差があるので断言できない。ASE-9は既存のアカイのヘッドフォンには似た機種がない。

*ASE-15-J、ASE-22-J、ASE-26-J、ASE-40-Jについて
 海外のサイトで、この世代のアカイのヘッドフォンの型番の末尾に「-J」とつけるのは間違いであるとの指摘を受けたが、国内での資料、そしてアカイ自身のカタログでも末尾に「-J」がついているので、修正しない。

 

A1980年代の製品

  ASE-17  ASE-45  ASE-55  ASE-65 

S-ASE-17.JPG - 20,174BYTES S-ASE-65.JPG - 20,343BYTES (左 ASE-17 右 ASH-65)

  ASE-M2

S-ASE-M2.JPG - 23,622BYTES (ASH-M2)

 

U.A&D時代の製品
 1987年の「A&D」ブランド立ち上げの以降の製品。型番の「SH」はダイヤトーン(三菱電機)のものを使用した。

  (インナーイヤ型) SH-M02 

S-SH-M02-1.JPG - 10,624BYTES (SH-M02)

  SH-M21  SH-M5EX 

S-SH-M21.JPG - 20,043BYTES (SH-M21)

  SH-8EX  SH-9EX

S-SH-9EX.JPG - 17,671BYTES (SH-9EX)

 

カタログギャラリーへ

サイトマップへ


 


inserted by FC2 system