LOGO.JPG - 2,728BYTES

NAKAMICHI(ナカミチ)

【注意事項】

 1958年設立のカセットデッキ等で知られるオーディオメーカー。
 1948年に故 中道悦郎氏が始めた個人研究所が母体であり、1950年に前身である千代田理研鰍設立し、「マジックトーン」ブランドでオープンリールテープレコーダーを発売、1958年に樺道研究所が設立され、研究開発、各所からの受託を中心にスタートした。1964年に自社ブランド「フィデラ」をスタートしたが、主体はあくまで研究開発、OEM受託であった。1969年にはKLH社、ドルビー社と共同でドルビーBノイズリダクションを開発、1970年代初頭にはアメリカのカセットデッキのシェアの7割がナカミチが開発した製品で占められた。

MAG.JPG - 19,557BYTES FED.JPG - 17,119BYTES AVE.JPG - 13,073BYTES

(左 Magic Tone 中央 FIDELA-807 右 OEM開発・製造した米国・アドベントのADVENT200)


 現在知られている「ナカミチ」ブランドがスタートしたのは1973年からであり、最初の製品はカセットデッキ史上に残る名機「1000」であった。その後、数多くのカセットデッキの名機を開発した。

1000.JPG - 15,573BYTES 1000LTD.JPG - 14,357BYTES DRA.JPG - 15,041BYTES(左 1000 中央 1000ZXL Limited 右 DRAGON)


 さらにポータブルデッキからスタートした高品位のカーオーディオでも知られ、車載用のDAコンバーターまで出していた。またアナログプレーヤーやDAT、CDプレイヤー等でも他社にないメカニズムの製品を作っていた。中でもMusicBankと呼ぶコンパクトなCDチェンジャー機構は、今日でもCDショップの誌聴機で生かされている。

550.JPG - 12,275BYTES 250.JPG - 15,793BYTES  DAC.JPG - 12,627BYTES

(左 スティビー・ワンダーが愛用したとされる550 中央 カーステレオ用も考慮された250 右 車載用DAC DAC-101)

CT1000.JPG - 14,656BYTES DAT.JPG - 26,807BYTES MB.JPG - 18,209BYTES

(左 レコードの偏芯を補正するTX-1000 中央  DATのNakamichi1000とデジタルプロセッサーNakamichi1000p 右 ミュージックバンクシステム)


  1984年に東証2部に上場し、1980年代末までは盛んに新製品を発売していたが、1990年代に入り衰退し、会社としては2000年代に実質破綻、2008年5月末をもって、国内のホームオーディオからは完全に撤退している。近年はCD誌聴機やそのセットとなるヘッドフォンを販売していた。

 過去においても、録音モニター用途の為か、ヘッドフォンを販売していたことがある。

 

HF-100

HP-100.JPG - 75,998BYTES

■価格 \8,000
■型式 ダイナミック型
■振動板 
■インピーダンス 8Ω
■再生周波数帯域 20-20,000Hz
■許容入力 500mW
■感度 90dB SPL/mW
■コード 
■重量 
■発売 1977年頃
■販売終了 1981年頃
■備考 

SP-7

SP-7.JPG - 68,010BYTES

■価格 \9,800
■型式 ダイナミック型オープンタイプ
■振動板 40.5o 25ミクロン ポリエステル膜
■インピーダンス 45Ω
■再生周波数帯域 20-20,000Hz
■許容入力 100mW
■感度 98dB/mW
■コード 3m
■重量 150g(コード含まず)
■発売 1982年9月
■販売終了 1993〜94年頃
■備考 スペアイヤパッド付

 

*SP-K300について
 ナカミチのヘッドフォンで一番見かける機会が多いのが、同社のCD誌聴機とコンビを組むSP-K300である。SP-K300は2002年2月1日より、同社のオンラインショップで\14,000(税抜き)で販売された。
 しかし同社のCD誌聴機は以前からあり、付属品としてSP-K300というヘッドフォンは2000年以前から存在した。管理人の手元にある資料では1996年3月発売の3連装モデルMB-V300Pに付属していた。MB-V300Pは本体・ACアダプター・ヘッドフォンハンガー・ヘッドフォンのセットで定価\83,000で販売していたが、ヘッドフォンレスの機体(MB-V300)の販売も行っており、一方で専用ヘッドフォンも\10,000で販売していた。「300」という型番からみて、SP-K300はMB-V300Pとセットで開発された公算が高い。一般にベースとなったとされるテクニカのヘッドフォンも前年の1995年には登場している。同様のモデルとしては7連装モデルMB−K700Hの付属ヘッドフォンSP-K700がある。このモデルもやはり単独販売されていたらしい。
 ネット販売したものと価格が違うが、厳しくなりつつあった業績を反映しての値上げか、内容の変更による値上げかは不明。

SP-K300-1.JPG - 18,019BYTES MB-V300P.JPG - 46,280BYTES

(左 SP-K300 右 MB-V300P  他にもMB-K1000(10枚連装機)などにも付属してようだ)

 

 

別館 アナログ関連資料館へ

サイトマップへ


 

inserted by FC2 system