LOGO.JPG - 26,075BYTES LOGO2.JPG - 11,970BYTES

AIWA (アイワ)/EXCELIA (エクセリア)

【注意事項】

 1951年創立のカセットデッキを得意としたオーディオメーカー。カセットに関しては、国内有数の歴史を誇るメーカーであり、主流となったフィリップス社の規格が公開される以前に独自規格のカードリッジ式テープレコーダーを開発していた。またフィリップス社の規格が公開された後に、その規格によるカセットレコーダーを我が国で最初に発売したのも同社である。しかしメーカーとしては1969年にソニーによる資本提携を受け、2002年に完全子会社化し、2008年にはブランドとしても消滅している。 
 ヘッドフォンについては1970年代中盤から自社ブランドの製品を販売していた。基本的にこのころからすでに低〜中価格品中心のブランドとなっていた。その為1980年代に入り小型・軽量化がトレンドとなると非常に短いサイクルでモデルチェンジを繰り返す。しかしその中でカーボンフラット振動板や、全長60oものロングパイプを使用したインナーイヤー型など独自の製品も販売していた。またブランド末期の製品は全体的には低価格だが、使用されていたドライバーが良質なので改造のベース機となっていた。
 なお1980年代末に、一時同社の中の高級品について「EXCELIA(エクセリア)」ブランドで販売していた時期があり、このブランドのヘッドフォンも存在する。

 AIWA (アイワ)の製品を以下のように分類する。(この分類は個人的な意見で、メーカーの分類ではありません)

T.1970年代のモデル
 ソニーのMDR-3等による小型・軽量化の流行以前のモデル。「HP」の型番と数字のみでネーミングされたモデル。オープンエア型で展開していた。HP-100はヘッドバンドのない聴診器型、この延長で完全な耳掛け型としたのがES-10P。HP-500はこの時代のフラグシップモデル、動電全面駆動型で振動板の構造はFOSTEXのRP方式のようだ。

  HP-20  HP-30  HP-100  (動電全面駆動型) HP-500

S-HP-20.JPG - 15,986BYTES S-HP-100.JPG - 12,960BYTES S-HP-500.JPG - 17,400BYTES  (左 HP-20 中央 HP-100 右 HP-500)

 

U.1980年代以降のモデル
 1980年代になりソニーのMRD-3に端を発した小型・軽量機ブームの中で、アイワの製品はこの路線の製品(HP-Aシリーズなど)が続く。やがて小型軽量機に変わりインナーイヤー型がポータブル用途の主流となった1990年代から廉価な中型機(HP-Xシリーズの後期モデル等)も発売するようになった。

@HP-Aシリーズ 
 低価格の折りたたみ型で始まったシリーズ。「A」はシリーズ名の「Audio Cologne(オーディオ・コロン)」が由来か?

  HP-A2S  HP-A5
  HP-A30  HP-A50
  HP-A33  HP-A55

S-HP-A2S.JPG - 13,197BYTES S-HP-A50-3.JPG - 17,224BYTES S-HP-A33.JPG - 14,317BYTES  (左 HP-A2S 中央 HP-A50 右 HP-A33)


  HP-A100  HP-A101  HP-A202  HP-A303  HP-A505  HP-A606

S-HP-A606.JPG - 14,942BYTES (HP-A606)


  HP-A350  HP-A550

S-HP-A550.JPG - 17,204BYTES (HP-A550)


  HP-A120  HP-A360
  HP-A171
  HP-A071  HP-A081  HP-A181 

S-HP-A171.JPG - 12,324BYTES S-HP-A181.JPG - 15,290BYTES(左 HP-A171 右 HP-A181)

  (HP-AVシリーズ他)  HP-AV370  HP-AV570
  (防滴仕様)  HP-AS188
  (フリーアジャスト型)  HP-A371

S-HP-AS188.JPG - 15,910BYTES (HP-AS188)

AHP-Sシリーズ
  通常の小型軽量機

  HP-S3

S-HP-S3.JPG - 10,486BYTES (HP-S3)

BHP-Tシリーズ
 折りたたみ型の上級機のシリーズ。「T」は「テクノロジー」の略のようだ。HP-T5の広告には「Tecchnology 5」と記されている。

  HP-T5  HP-T7  HP-T10

S-HP-T10-3.JPG - 18,329BYTES (HP-T10)

CHP-Vシリーズ
 インナーイヤー型のシリーズ。共通のドライバーを用いた折りたたみ型とのコンバーチブルモデルを含む。HP-V99はアイワらしからぬ高級インナーイヤー型。60oものダクトパイプを持つユニークな機種。通称「パイプホン」。

  HP-V1  HP-V2  HP-V3  HP-V7  HP-V8  HP-V9
  HP-V10  HP-V11  HP-V12  HP-V15  HP-V17  HP-V20  HP-V30  HP-V50

S-HP-V7.JPG - 12,030BYTES S-HP-V9.JPG - 15,018BYTES  (左 HP-V7 右 HP-V9)


  HP-V22  HP-V33  HP-V35  HP-V55  HP-V66  HP-V77  HP-V88  HP-V99
  HP-V541  HP-V741       
  HP-V041 HP-V051  HP-V061  HP-V091
  HP-V151  HP-V161
  HP-V551

S-HP-V99.JPG - 13,152BYTES  S-HP-V741.JPG - 7,681BYTES S-HP-V553.JPG - 11,982BYTES  (左 HP-V99 中央 HP-V741 右 HP-V551)

 

DHP-Xシリーズ
 HP-Tシリーズの後の上級機のシリーズ。

 (Preciousシリーズ)
  HP-X5  HP-X8  HP-X10

S-HP-X8.JPG - 14,769BYTES(HP-X8)


  HP-X30  HP-X50  HP-X80

S-HP-X80.JPG - 19,249BYTES (HP-X80)


  HP-X500  HP-X800  HP-X1000

S-HP-X1000.JPG - 20,486BYTES (HP-X1000)


  HP-X201  HP-X301  HP-X705

S-HP-X201.JPG - 15,450BYTES (HP-X201)


  HP-X111  HP-X211  HP-X311
  HP-X222 

S-HP-X222.JPG - 14,524BYTES (HP-X222)

 

  (フリーアジャスト型) HP-XF215

 

Eその他
 耳掛け型
  ES-10P

S-HP10P-2.JPG - 12,005BYTES (ES-10P)

 

 HP-Jシリーズ
 バーチカル型のシリーズ。HP-J7はインナーイヤー型、HP-JS307は夜間の野外使用に便利な識別用LED内蔵機種。

  HP-J7  HP-J9 

  HP-JS307

S-HP-J7.JPG - 20,561BYTES (HP-J7)

 HP-D/Sシリーズ
 HP-Vシリーズと別のインナーイヤー型。「パイプホン」の流れを汲む機種のようだ。Sシリーズは50cmコードの機種。S300及びD300は従来の16o径から13.5o径にサイズダウンした機種のようだ。

  HP-D1  HP-D2  HP-D5  HP-D6  HP-D8  HP-D9

  HP-D300

S-HP-D9.JPG - 14,766BYTES (HP-D9)

  HP-S2  HP-S300  
 
  (リモコン対応型)  HP-S400

 *その他にパイプフォンベースのリモコン付きモデルで、HP-Rシリーズが存在する。

 無線機

  HR-S1

S-HR-S1.JPG - 16,827BYTES (HR-S1)

  ステレオイヤホン

  ME-3S

S-ME-3S-1.JPG - 10,185BYTES (ME-3S)

 

V.EXCELIA(エクセリア)ブランドのモデル
 EXCELIA(エクセリア)は久々のヒットモデルとなったカセットデッキ「XK-009」に代表されるアイワの上級ブランド。ただし価格的には他社の中級品クラスであった。カセットデッキの他にCDプレイヤー(XC-005等)やDATデッキ(XD-001等)などがあるが、ヘッドフォンも2機種用意されていた。HP-X80に採用したカーボンファイバー振動板を採用した大型密閉型である。上級機HP-EX200はアイワ唯一の2万円超のモデル。


  HP-EX150  HP-EX200

S-HP-EX200.JPG - 15,513BYTES (HP-EX200)
 

カタログギャラリーへ

サイトマップへ

inserted by FC2 system